秋田&青森帰省の旅

2002年4月28日

  • その1 故郷と呼べる場所を巡る(秋田県)(150KB)
  • その2 秋田から青森へ(76.4KB)
  • その3 三内丸山遺跡(118KB)
  • その4 酸ヶ湯温泉(199KB)
  • その5 過去の記憶から現在へ(青森県)(89.2KB)

秋田駅。新幹線「こまち」が開通して5周年になるという横断幕がでかい。この改札一つで在来線とこまちとの2つの改札機能を担っている。
乗る電車は特急「かもしか」青森行きということで一枚。車体自体は何となく国鉄時代をほうふつさせると個人的には思う。
果てしない田園地帯。この辺ならば日本でも地平線が見えるのではないかと思うような景色。八郎潟付近だろうな。
もう田んぼに水が入っていて田植えも近い季節なんですね。ユニクロが米を買いつけるのもこの地域なんだなと思ったりした。
平野の田園地帯にも山が見えてきてだんだん青森県に近づいてきた証拠。昔なつかしく思わせる田園風景。
青森県に入ると田んぼも見えるけれども果樹園も見えるね。さすがだ。写真は、多分りんごの花が咲いている果樹園と富士山に似た岩木山を臨む。

秋田&青森帰省の旅の表紙へ 日本国内の写真へ ホームへ
Maeno / Chian SzYU since 2/2/2004