秋田&青森帰省の旅

2002年4月28日-29日

  • その1 故郷と呼べる場所を巡る(秋田県)(150KB)
  • その2 秋田から青森へ(76.4KB)
  • その3 三内丸山遺跡(118KB)
  • その4 酸ヶ湯温泉(199KB)
  • その5 過去の記憶から現在へ(青森県)(89.2KB)

酸ヶ湯温泉
なつかしく見る展望台。思い出は自分の記憶の中だけに。見晴らしは表紙参照。
酸ヶ湯温泉
八甲田山が見える途中の見晴らし茶屋付近。でも、私がかつてここを通ったときの面影はないんだよね。バブルをへて、日本列島は変わったような気がして寂しい。
ちなみにここで長寿のお茶なるものがただで飲める。麦茶みたいな味だったよ。
酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯(すかゆ)温泉。国民温泉第一号だそうで、かなり有名&本物の温泉。湯治ができるかなり本格的な温泉施設なのだ。駐車場には青森以外のナンバープレートの車ばかり。
酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯そばなるそば。味は、うーん、まあまあですね。おいしいけど、手打ちチックな本格的なものも食べたいですね。
酸ヶ湯温泉
酸ヶ湯温泉
(左)温泉施設内の中庭みたいなもの。ここもみんな硫黄温泉が流れているんだろう。

(上)酸ヶ湯温泉上物。建て増し建て増しして今ここに宿泊施設群がいっぱい。
酸ヶ湯温泉
ちょっと歩いていくとある「地獄沼」。地獄というにはきれいな山々と沼。一応沼から湯気が出ているよ。
酸ヶ湯温泉
沼の排水は近代的な公共工事済み。この辺を見ると工事したことで景観を害しているなと思ったりする。ちなみに、ここの水は酸ヶ湯温泉と同じ色。
酸ヶ湯温泉
何気なく川沿いの空き地をのぞくと、温泉がわいているのが見えた。お茶の缶を入れたらすぐ温かくなったので、このわき水は超高熱と推測。
酸ヶ湯温泉
「まんじゅうふかし」という施設。木の腰掛けに座ると温かい。わき出る気体も温泉の一種ですから、ここはそういう気泉を使った施設なんでしょうね。

秋田&青森帰省の旅の表紙へ 日本国内の写真へ ホームへ
Maeno / Chian SzYU since 2/2/2004